PR
写真●シンクライアントソフト「スマートデバイス向けリモートデスクトップ」の画面
写真●シンクライアントソフト「スマートデバイス向けリモートデスクトップ」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 NECフィールディングは2013年6月6日、中小規模の事業者向けに、外出先のAndroid端末から社内のWindowsデスクトップをリモート操作できるようにするシステムを構築するサービス「スマートデバイス向けリモートアクセスソリューション」を発表、同日販売を開始した。製品一式(サーバー機、ミドルウエア、ネットワーク機器)とシステム導入/保守サービスをセットで提供する。販売目標は今後3年間で3億円。

 Android端末からWindowsをシンクライアント(画面情報端末)プロトコルでリモート操作するためのシステム一式を導入するSIサービスである。特徴は、導入サービスでありながら、中小企業が利用しやすいように、サービス費用の総額と内訳を細かく明記していること。サービス費用の総額には、Adnroid端末を除くシステム製品(VPNルーター機器や、Android用のシンクライアントソフトなど)の購入費用が含まれている。

 想定する社員規模に応じて、アーキテクチャーが異なる二つのシステム形態を用意した。想定人数と価格(税別)は、以下の通り。(1)「スマートデバイス向けリモートデスクトップシステム環境構築サービス」は、Android端末20台以下の小規模に向く。価格は社員5人分の構成で49万6000円。(2)「デスクトップ仮想化ソリューションパック連携リモートアクセスソリューション」は、Android端末20~100台の中規模に向く。価格は社員20人分の構成で594万6000円。

 (1)のスマートデバイス向けリモートデスクトップシステム環境構築サービスでは、インターネットVPNを介して社内LANに接続し、Android端末から個々の社員のWindowsデスクトップ機のIPアドレスを指定して直接接続する。シンクライアントソフトとして、NECシステムテクノロジーが開発したRDP(Remote Desktop Protocol)クライアント「スマートデバイス向けリモートデスクトップ」(写真)をAndroidにインストールして使う。

■直接接続型(社員5人分)の構成
構成要素価格(税別)
●機器費用
シンクライアントソフト(5ライセンス)2万5000円
VPNルーター「Dell SonicWALL SRA 1600」(5ユーザー)22万8000円
VPNルーターのサポート費用(1年間)3万8000円
●設計作業費/現地調整作業
ネットワーク基本設計・構築費4万円
VPNルーターのコンフィグ設計10万円
VPNルーターの現地調整作業5万円
シンクライアントソフトのインストール(5台)1万5000円
●合計49万6000円

 (2)のデスクトップ仮想化ソリューションパック連携リモートアクセスソリューションでは、VPNルーターやRDPクライアントソフトのほかに、NECのデスクトップ仮想化(VDI)ソフト「VirtualPCCenter」(VPCC)を導入する。サーバー仮想化ソフトであるHyper-Vの上に仮想マシン型のWindows 7デスクトップ機を展開し、これらを社外のAndroid端末からリモート操作する。ユーザーとWindowsデスクトップ機をひも付けて管理するデスクトップブローカー機能も含まれる。

■VDI接続型(社員20人分)の構成
構成要素価格(税別)
●機器費用
シンクライアントソフト(20ライセンス)10万円
VPNルーター「Dell SonicWALL SRA 1600」(25ユーザー)32万円
VPNルーターのサポート費用(1年間)9万6000円
VDIソフトとVDI環境への移行サービス(20ユーザー)498万円
●設計作業費/現地調整作業
ネットワーク基本設計・構築費12万円
VPNルーターのコンフィグ設計20万円
VPNルーターの現地調整作業7万円
シンクライアントソフトのインストール(20台)6万円
●合計594万6000円

 なお、(1)と(2)で共通して利用するAndroid端末向けのRDPクライアントソフトであるスマートデバイス向けリモートデスクトップは、商用製品である(単体価格は、1ライセンス当たり5000円)。特徴は、アプリケーション画面が見えたまま操作できる透明キーボードを備えることや、拡大/縮小のための専用ボタンを備えることなど。ExcelやPowerPointをWindowsノートPC並みの操作性で利用できるとしている。