PR
写真●コメントで質問を投稿して回答を得られるようにするなど、Facebookは広告製品を見直す
写真●コメントで質問を投稿して回答を得られるようにするなど、Facebookは広告製品を見直す
[画像のクリックで拡大表示]

 米Facebookは現地時間2013年6月6日、同社の広告製品を整理統合すると発表した。6月後半より約半年かけて、現在27種類ある広告製品を半分以下にする。同社は「寄せられたフィードバックから、広告製品を簡素化する必要があることを認識した」と説明している。

 具体的には、「Questions」広告を廃止し、コメントで質問を投稿して回答を得られるようにする。特典情報などは公式ページにリンクを投稿する方がより効果的であるため、「Offer」広告も廃止する。

 また、これまでソーシャルな文脈に沿って適切な広告を表示するためには、広告主は広告とスポンサー記事を購入しなくてはならなかったが、将来的にはこれを1つにまとめる。例えば、写真付きの広告を1つ作成すれば、Facebookが自動的にソーシャルな文脈を判断して適切な位置に掲載されるようにする。

 そのほか、広告の全体的な表示も統一感を持たせる。これにより複数の広告キャンペーンを展開する広告主は広告出稿の手間が軽減し、Facebookユーザーの使用体験も向上するとしている。

[発表資料へ]