PR

 東芝とヴイエムウェアは2013年6月10日、東芝の仮想デスクトップクラウドサービス(DaaS:Desktop as a Service)の開発に関して両社が協業すると発表した。

 今回開発するサービスは、東芝ソリューションのストレージ製品「Toshiba Total Storage Platform」と、ヴイエムウェアのデスクトップ仮想化ソフト「VMware Horizon View」をベースとしたクラウドサービス。東芝はサービス提供のためのクラウド基盤を設計・構築し、ヴイエムウェアはVMware Horizon Viewを提供するとともにサービスの開発に協力する。

 東芝は、新サービスを今秋から米国を皮切りにグローバルに展開する予定で、両社はマーケティング面でも協力する。今回の開発を機に東芝は、クラウド基盤を用いたサービスの取り組みを加速するという。

 なお、東芝ソリューションは、ヴイエムウェアの仮想デスクトップソリューション認定プログラムである「VMware Rapid Desktop Program」に参画する。日本企業が同プログラムに参画するのは今回が初めてという。