PR
iOS 7が発表された。初代iPhone以来、初めてデザインや機能が大幅に変更された
iOS 7が発表された。初代iPhone以来、初めてデザインや機能が大幅に変更された
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルがWWDCでiPhone/iPod touch/iPad用の次期OS「iOS 7」の内容を発表した。初代iPhoneの発売以来、基本的な機能やデザインはキープコンセプトというスタンスを守り続けていたiOSに、初めて大幅な変化が加えられる大規模なアップデートになるので注目だ。

 もっとも大きな変化はルック&フィール、つまり画面のデザインになる。“フラットデザイン”と呼ばれている全体にシンプルなテイストを採用し、アイコンなどが立体感を抑えたフラットなものに変わる。ロック画面やカレンダー、計算機などの標準アプリのデザインも一新され、見やすさを優先していることがうかがわれる。これまでの落ち着きのあるデザインから、全体的にモダンで若々しい印象に変わろうとしているようだ。

iOS 7のホーム画面。アイコン類のデザインは、精細さやリアルさを追求した従来のデザインから、シンプルな造形のフラットデザインに変更された
iOS 7のホーム画面。アイコン類のデザインは、精細さやリアルさを追求した従来のデザインから、シンプルな造形のフラットデザインに変更された
[画像のクリックで拡大表示]
ロック時の画面。画面を上にスワイプすることでロックを解除できる仕組みになり、柔軟性が高まった
ロック時の画面。画面を上にスワイプすることでロックを解除できる仕組みになり、柔軟性が高まった
[画像のクリックで拡大表示]
パスコードの入力画面もシンプルデザインに変化。テーマとなるカラーは好みのものが設定できるようだ
パスコードの入力画面もシンプルデザインに変化。テーマとなるカラーは好みのものが設定できるようだ
[画像のクリックで拡大表示]
端末の角度を変えることで壁紙を少しずつずらし、奥行きを感じさせるような表示も可能。端末の傾きが異なる左右の画像を見ると、人物の顔とアイコンの位置が微妙に異なっているのが分かる
端末の角度を変えることで壁紙を少しずつずらし、奥行きを感じさせるような表示も可能。端末の傾きが異なる左右の画像を見ると、人物の顔とアイコンの位置が微妙に異なっているのが分かる
端末の角度を変えることで壁紙を少しずつずらし、奥行きを感じさせるような表示も可能。端末の傾きが異なる左右の画像を見ると、人物の顔とアイコンの位置が微妙に異なっているのが分かる
[画像のクリックで拡大表示]
Androidでよく見られるような、常に模様が変化するライブ壁紙も用意される可能性が高い
Androidでよく見られるような、常に模様が変化するライブ壁紙も用意される可能性が高い
Androidでよく見られるような、常に模様が変化するライブ壁紙も用意される可能性が高い
[画像のクリックで拡大表示]