PR

 野村総合研究所(NRI)は2013年6月13日、オープンソース(OSS)のアイデンティティ管理ソフト「OpenIDM」について、サポートサービスを開始した。サポートの価格(税別)は1サーバー当たり年額120万円で、ユーザー数に依存しない費用体系を採用した。一般に、アイデンティティ管理ソフトはユーザー数に応じたライセンス費用がかかるが、今回のサービスを使うと、これを削減できる。

 サポートの対象となるOpenIDMは、Web型で動作するJavaベースのアイデンティティ管理ソフトである。複数の業務システムで使われているID情報(ユーザー情報やアクセス権限情報)を一元管理し、これらID情報を個々のシステムに反映することができる。ID運用の監査レポート機能や、権限譲渡などの申請ワークフロー機能(BPMNエンジン)なども備える。ノルウェーのForgeRockが2010年にフルスクラッチで開発したソフトであり、現在はForgeRockを中心としたOSSコミュニティーが開発を継続している。

 他ソフトと比較した特徴の一つは、モジュラー型のアーキテクチャーによって、機能や管理項目を容易に追加/拡張できること。もう一つの特徴は、ID連携の標準手法を比較的早く取り込んでいること(SAML、XACML、SPML、DSML、SOAPなど)。システム連携では、REST APIで管理データにアクセスできるほか、外部のID管理製品との間でOpenCIF(Open Identity Connector Framework)を介してデータのやり取りができる。

 なお、NRIは現在、約60種のOSSについて、サポートサービスを提供している。今回、サポート対象のOSSを拡充し、新たにOpenIDMのサポートサービスをメニュー化した形である。NRIがサポートメニューを用意しているOSSのリストは、以下の通り。

NRIがサポートサービスをメニュー化しているOSS
機能オープンソース名
OSCentOS、RedHat Enterprise Linux
データベースMySQL、MySQL Cluster、PostgreSQL、MongoDB
言語PHP、Ruby
WebサーバーApache HTTP Server
プロキシーサーバーSquid
APサーバーApache Tomcat、JBoss AS、JBoss EAP、JBoss EWS
フレームワークApache Struts、Spring Framework、Seasar2、JBoss Seam、Ruby on Rails
ORマッピングHibernate、MyBatis(iBATIS)
ログ管理Apache log4j
SOAPApache Axis2
ビジネスプロセス管理JBoss jBPM
ルールエンジンJBoss BRMS
SOAJBoss SOA
DNSBIND
ファイルサーバーSamba
認証サーバーOpenLDAP
メールサーバーPostfix、sendmail
POP3/IMAPサーバーDovecot、Courier-IMAP
バージョン管理CVS、Apache Subversion
インシデント管理Redmine
クラスタリングHeartbeat、Pacemaker、DRBD
シングルサインオンOpenSSO、OpenAM
ID管理LISM、OpenIDM
運用監視Hinemos、Zabbix
BI/レポート作成Jaspersoft、JasperReports、iReport、Pentaho
ポータル/文書管理Liferay、Alfresco、Joomla!
グループウェアAipo
オフィススイートApache OpenOffice、LibreOffice
業務システムADempiere、MosP、SugarCRM、vtiger CRM