PR
図●CACHATTOを介したMicrosoft Office 365とGoogle Apps for Businessの利用(e-Janネットワークスの発表資料より引用)
図●CACHATTOを介したMicrosoft Office 365とGoogle Apps for Businessの利用(e-Janネットワークスの発表資料より引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 e-Janネットワークスは2013年6月17日、法人向けリモートアクセスサービス「CACHATTO」の最新版「5.1R1」の提供を開始し、Microsoft Office 365とGoogle Apps for Businessを正式にサポートしたと発表した。「私物デバイスの活用(BYOD)による安全なクラウドサービス利用が可能になる」(e-Janネットワークス)としている。

 CACHATTOは、携帯電話やスマートフォン、タブレットから、社内のサービスやデータに安全にアクセスするためのサービス。社内に設置したCACHATOサーバーを介しアクセスすることで、許可されたサーバーやサービスのみが利用できるようにする。また端末側のストレージにデータを保存しない専用ブラウザを提供し、安全性を高めている。

 新バージョンでは、Microsoft Office 365とGoogle Apps for Businessを、ActiveDirectoryなど企業内の認証基盤を経由してOffice 365とGoogle Appsを利用可能とした。また汎用ブラウザによるインターネット経由でのOffice 365/Google Appsの利用を禁止する機能を備えた。CACHATTOの専用ブラウザを利用することで「端末にOffice 365/Google Appsのメールデータを残さない、持ち出させない」(e-Janネットワークス)ようにすることが可能という。