PR

 ケイ・オプティコムとエネゲートは2013年6月19日、同社のFTTHサービス加入者向け生活支援サービス「eoスマートリンク」の1メニューとして提供しているHEMS(Home Energy Management System)サービス「Smart Ecowatt for eo」をリニューアルしたと発表した。

 同サービスの導入時に購入する消費電力測定用の計測機器セットの導入費用を見直し、10万円を切る価格に設定した。また、計測できる電源回路数も増やし、標準仕様として太陽光発電システムに対応した。

 計測機器セットは、コンセント用のセンサー3台と、分電盤用のセンサー1台、計測データを集約するスマートゲートウエイ1台からなる。この購入価格を、これまでの通常版16万125円、太陽光対応版21万3675円から13万8600円(太陽光対応)に改定した。さらに2014年3月まで実施する「HEMS導入キャンペーン」を適用することで購入価格を8万4000円に設定する。リニューアル後の計測機器セットは、これまでのセットで計測可能だったコンセント3カ所と、分電盤の4カ所に加え、それ以外のブレーカー5回路を追加で計測できる。

 さらに、2013年9月30日までの申し込みに対して、月額利用料を3カ月分無料とする「節電応援キャンペーン」を実施する。同サービスの通常の月額利用料は315円。機器セットは経済産業省のエネルギー管理システム導入促進事業費補助金の対象となっており、同サービスを1年間利用することを前提に購入費用に対する補助金を申請できる。

[発表資料へ]