PR

 KDDI(au)は2013年6月21日、携帯電話の新規購入時に使用中の古い端末を下取りするプログラムを6月27日から始めると発表した。下取り代金を端末の新規購入の原資として使えるようにすることで、新機種への移行を促進したい考え。

 下取りは機種変更の顧客が対象で、新規契約ならびに番号ポータビリティによる転入は対象外。6月27日時点の対象機種と価格(7月31日まで有効)は、iPhone 4Sの64Gバイト版が1万8000円、同32Gバイトが1万6000円、同16Gバイトが1万4000円、INFOBAR A01、AQUOS PHONE SERIE ISW16SH、DIGNO ISW11Kが3000円。支払いは「auポイント」による還元となり、1ポイント=1円ですぐに利用できる。下取りは新規購入1台につき1台まで、端末に故障がないなどの条件があり、詳細は6月27日に同社ホームページで案内する。

 下取りプログラムは、古物商の許可を得た代理店傘下の店舗で提供する。取り扱い店舗も6月27日に公表するが、ほとんどの店舗が取り扱うようになる見込み。

 下取りした端末は、端末メーカーの協力を得てデータの消去や外装の交換を実施した上で、「安心ケータイサポートプラス」における代替機として再利用する。ただしiPhoneに関しては外装の交換などができないため、海外の中古品取り扱い業者に転売することを考えている。

 なお、下取りの対象は、新しいモデルが登場して古くなった機種としていく方針。今回は2011年6月~2012年6月に発売されたスマートフォンだけとなっているが、今後はフィーチャーフォンも対象になり得るとしている。