PR
図1●「FNNビデオPost」のスマホアプリの画面
図1●「FNNビデオPost」のスマホアプリの画面
[画像のクリックで拡大表示]
図2●「FNNビデオPost」のパソコン画面(FNN各局が個別に投稿用ページを開設、画面は岩手めんこいテレビ)
図2●「FNNビデオPost」のパソコン画面(FNN各局が個別に投稿用ページを開設、画面は岩手めんこいテレビ)
[画像のクリックで拡大表示]

 フジテレビジョンは2013年7月1日、FNN(フジニュースネットワーク)各局と連携して、動画・静止画投稿サービス「FNNビデオPost」を同日に開始したと発表した。

 「FNNビデオPost」は、一般の視聴者が撮影した映像(動画)や写真(静止画)をパソコンやスマートフォン、タブレット端末を利用して、インターネット経由でFNN各局に直接送信・投稿できるサービス。スマートフォン向けには、Android版とiOS版に対応した専用アプリを提供し、撮影してすぐに投稿できる環境を実現(図1)。パソコンでは、FNN各局のウェブサイトから各局個別に開設された投稿専用ページにアクセスし、動画や写真を投稿できる(図2、投稿可能なファイルサイズは最大500MBまで)。

 視聴者が撮影したスクープ映像や面白映像などは、FNN各局のニュース番組で積極的に取り上げる。投稿先の放送局をユーザーがFNN各局の中から選択できるため、例えば旅行先や出張先で遭遇・撮影した映像をその地域・最寄りの放送局に投稿したり、FNN各局が全国各地で独自に展開する地域色豊かな投稿企画に遠隔地から参加したりすることもできる。

 デジタルカメラやスマートフォンなど、モバイル機器の普及とともに、一般の人が事件・事故、災害発生の現場などで、決定的な瞬間を撮影する機会が増えている。「日々放送されるニュース番組の中でも、いわゆる視聴者提供映像が使用されるケースが増加傾向にある」(フジテレビ)という。FNNでは、視聴者発の貴重な情報をできるだけタイムリーに収集し、毎日のニュース報道に生かすことを目指す。

[告知ページへ]