PR

 任天堂は2013年7月5日、同社が運営する会員サイト「クラブニンテンドー」に、2万3926件の不正ログインが行われたことを明らかにした。閲覧された可能性のある情報は、氏名、住所、電話番号、メールアドレス。「他社サービスから流出したと思われるID・パスワードを使用し、不正なログインが行われた」としている。

 現在は、不正ログインが行われたID・パスワードを利用したログインができない措置を行い、該当ユーザーに個別に連絡し、パスワード再設定を依頼している。

 任天堂では7月2日夜、大量のアクセスエラーが発生しているのを確認し調査を開始した。不正ログインが確認された期間は、6月9日から7月4日。1545万7485回のログインが試行され、うち2万3926件に不正ログインされた。クラブニンテンドーではクレジットカード情報は取得していないため、カード情報の漏洩はないとしている。

 同社では不正にログインされた会員以外のユーザーにも、他社サービスと同一のパスワードを使用しないよう呼びかけている。

[発表資料へ]