PR

 NECは2013年7月9日、独立行政法人防災科学技術研究所(防災科研)が整備を進めている「日本海溝海底地震津波観測網」の観測システム設置作業として、海底ケーブルの敷設を開始したと発表した。

 日本海溝海底地震津波観測網は、千葉県の房総沖から北海道の十勝・釧路沖にわたる広範囲な海域と、日本海溝軸の外側海域での海底地震・津波を観測するためのネットワーク。完成時には、5000kmを超える海底ケーブル、150台以上の海底観測装置で構成される予定だ。各観測装置からのデータは、海底ケーブルを経由してリアルタイムに陸上の受信局に伝送される。防災科研の整備計画では、観測装置/海底ケーブル/海底ケーブル陸揚げ局(地上局)からなるシステムと、太平洋岸沖の5海域(房総沖、三陸沖、茨城沖、宮城沖、十勝沖)と日本海溝の海溝軸外側に構築することになっている。

 同観測網においてNECは、ケーブル敷設のための構造探査・海洋調査、ケーブルルートの設計、5海域分の光海底ケーブル(全長3000km以上)、4海域分の観測装置(地震計、津波計)100台超の開発・製作を受注。同日、千葉県南房総市で、光海底ケーブルの陸揚げ作業を開始した。

■変更履歴
本文の最終段落で「5海域分の観測装置」としていましたが、正しくは「4海域分の観測装置」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2013/7/9 18:30]