PR

 米Intelは現地時間2013年7月17日、同年第2四半期(4~6月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比5.1%減の128億1100万ドル、純利益は同29.3%減の20億ドル(1株当たり利益は0.39ドル)、営業利益は同29.0%減の27億1900万ドルだった。また粗利益率は58.3%で、同5ポイント低下した。パソコン向け事業の売り上げが減少、データセンター向け事業は横ばいとなり、4四半期連続の減収、6四半期連続の減益となった。

 またIntelは、2013年度通期の売上高前年度比増加率を、これまでの「1桁台前半」から「横ばい」に下方修正した。2013年度の設備投資予想額については、4月に130億ドルから120億ドルに引き下げていたが、今回これをさらに引き下げて110億ドル(プラス/マイナス5億ドル)とした。粗利益率の見通しも、従来の60%から59%(プラス/マイナス2ポイント)に下方修正した。

 当期の売上高を事業別に見ると、パソコン向け事業「PC Client Group」が81億ドルで前年同期に比べ7.5%減。データセンター向け事業「Data Center Group」は27億4300万ドルで同横ばい。タブレット端末や携帯電話、ネットブック向け製品などの「その他のIntelアーキテクチャー事業」は、9億4200万ドルで同15%減となった。

 パソコン向け製品の出荷個数は、前年同期から5%減少した。このうちノートパソコン向け製品の出荷個数は同7%減、平均販売価格は4%低下した。デスクトップパソコン向けの出荷個数は同3%減、平均販売価格は同6%上昇した。

 当期の営業利益は、PC Client Groupが前年同期比22.7%減、Data Center Groupが同9.8%減。その他のIntelアーキテクチャー事業の営業損益は6億800万ドルの赤字で、赤字幅は前年同期の3億3500万ドルから拡大した。

[Intelの発表資料(PDF)]