PR

 米Appleが現地時間2013年7月23日に発表した2013会計年度第3四半期(2013年4~6月)決算は、売上高が353億2300万ドルで、前年同期の350億2300ドルから1%増加した。純利益は69億ドルで前年同期の88億2400万ドルから21.8%減少し、2四半期連続の減益となった。希薄化後の1株当たり利益は7.47ドルで前年同期の9.32ドルから減少。粗利益率は36.9%で前年同期の42.8%から低下した。
 
 製品販売台数は、スマートフォン「iPhone」が3124万台で、前の四半期から17%減少したが前年同期から20%増加し、第3四半期(4~6月)として過去最高となった。タブレット端末「iPad」は1461万台で、第3世代iPadを発売した直後の前年同期から14%減少。このほか「Mac」パソコンは375万台で前年同期比7%減、携帯型メディアプレーヤー「iPod」は同32%減の456万台となった。

 地域別業績を見ると、米大陸の売上高が144億500万ドルで前年同期比12%増加、欧州が76億1400万ドルで同8%減少した。中国(香港と台湾を含む)は同14%減の46億4100万ドル、日本は同27%増の25億4300万ドルだった。アジア太平洋地域は20億4600万ドルで同18%減少した。米国外からの売上高が総売上高に占める割合は57%となった。

 米New York Times米Wall Street Journalなどの海外メディアによると、アナリスト予想の平均値は売上高が350億ドル、1株当たり利益が7.32ドル、iPhoneの販売台数は2600万台で、結果はいずれもこれらの予想を上回った。この決算を受けてAppleの株価は同日の時間外取引で一時5%以上上昇した。

 Tim Cook最高経営責任者(CEO)は声明で「iPhoneの販売台数が第3四半期として過去最高の3100万台以上になったことに喜んでいる。我々はまもなく登場するiOS 7とOS X Mavericksをとても楽しみにしており、今秋から2014年かけて発表する素晴らしい新製品に注力していく」と述べた。また同社は2013会計年度第4四半期(7~9月期)の業績について、売上高が約340億~370億ドル、粗利益率が36~37%との見通しを示した。

[発表資料]
[決算表(PDF文書)]