PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ディーリンクジャパンは2013年7月29日、PoE(Power over Ethernet)による給電が可能なギガビットイーサネット対応スイッチ「DGS-1100-08P」の出荷を始めた(写真)。同社のスイッチ製品シリーズの「Easy スマートスイッチ」に分類されるモデルで、簡易的な管理機能を備える。

 PoEの規格である「IEEE 802.3af」に対応する10/100/1000BASE-Tのポートを8つ備える。1ポートあたり8Wであれば全8ポート、15.4Wであれば最大4ポートの給電が可能である。無線LANのAP(アクセスポイント)をつなぐなどの用途で使えるとしている。

 VLANやループ検知/防御、pingによる死活監視などの機能を搭載。Web画面からの設定が可能である。また省電力機能をサポートし、IEEE 802.3az(EEE)に準拠する。標準価格は、3万9800円(税別)である。

[発表資料へ]