PR
写真●feedly proの画面
写真●feedly proの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 RSSリーダーの米Feedlyは現地時間2013年8月5日、有償版RSSリーダー「feedly pro」を発表した(写真)。利用料は月額5ドル。数週間以内に提供を開始する予定。

 Feedlyは、米Googleが3月に「Google Reader」終了計画を発表すると同サービスの移行先として名乗りを上げ、機能と性能向上に取り組み、6月19日にクラウドベースのRSSリーダー「Feedly Cloud」を公開した(関連記事:Google Reader代替候補のFeedly、クラウドサービス「Feedly Cloud」を公開)。なおGoogle Readerは、7月1日にサービスを終了している。

 無償の標準版と異なり、feedly proはフィード内の記事検索が行えるほか、記事をワンクリックで「Evernote」に保存可能。優先サポート、HTTPS接続を利用できる。無償版と同様に、今後も定期的に機能を追加していく。

 HTTPS接続は無償版ユーザーからの要望も多いため、いずれ無償版にも追加することを検討しているという。

 なおFeedlyは同日、有償版の「Lifetime」エディションを5000ユーザー限定で公開したが、8時間で販売完了した。Lifetimeエディションの売上金は、feedly proの運営に必要なハードウエアの購入にあてるという。

 Lifetimeエディションは、99ドルの1回払いで生涯利用できるというもの。通常の有償版は、年間契約の場合45ドルとなる(米TNWの報道)。

[発表資料へ]