PR

 米IBMは現地時間2013年8月6日、米Googleや米NVIDIAとともに、次世代データセンター開発の企業連合「OpenPOWER Consortium」を立ち上げる計画を発表した。IBMの「POWER」アーキテクチャーをベースにしたデータセンター向けシステムの開発に取り組む。

 IBMによれば、POWERベースのハードウエアおよびソフトウエアのオープンな開発はこれが初めてという。POWER関連の知的財産を他社にライセンス提供し、POWERシステム開発に関するエコシステムの拡大を図る。

 OpenPOWER Consortiumは、高度なサーバー、ネットワーク、ストレージ、GPUによるアクセラレーション技術を確立する。基本的なチップの機能を制御するオープンソースのPOWERファームウエアを提供し、さまざまな負荷に対応したサーバーハードウエアの構築において、より高いカスタマイズ性の実現を目指すとしている。

 OpenPOWER Consortiumには上記3社のほか、米国とイスラエルに本社を置くMellanox Technologies、台湾Tyan Computerも参加する。

[発表資料へ]