PR
図●2013年第2四半期国内クライアントPC出荷台数 トップ5ベンダーシェアと対前年成長率(実績値) 出典:IDC Japan(2013年8月13日)
図●2013年第2四半期国内クライアントPC出荷台数 トップ5ベンダーシェアと対前年成長率(実績値) 出典:IDC Japan(2013年8月13日)
[画像のクリックで拡大表示]

 IDC Japanは2013年8月13日、日本国内のクライアントPC市場出荷実績値を発表した。2013年第2四半期(4~6月)の国内クライアントPC出荷台数は、前年同期比12.5%減の337万台となった。ビジネス市場は同比7.2%増の191万台で、家庭市場は同比29.4%減の146万台だった。

 ビジネス市場は、企業の業績が回復基調にあることから堅調な需要に支えられ、6四半期連続で前年同期比出荷台数増となった。一方家庭市場は、5四半期連続で前年同期比出荷台数減だった。家庭市場の出荷減が続く中、ベンダーによっては比較的利益を確保しやすいビジネス市場に販売促進活動の比重を置く傾向がうかがえたという。また、円安に対応した価格設定の新モデルに切り替えるため、旧モデルの出荷を抑えたベンダーもあったことが出荷台数の減少に影響した。

 ベンダー別のシェアは、NECレノボグループ、富士通、東芝、デル、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の順で、前期5位のデルが4位へと順位を上げた()。

 NECレノボグループは、家庭市場で前年同期比25.3%減、ビジネス市場では同比4.9%増となり、全体では10.1%減となった。富士通は、家庭市場で同比26.4%減、ビジネス市場で同比0.7%減、全体では12.4%減。東芝は、家庭市場で同比24.9%減、ビジネス市場で同比0.3%減、全体では16.3%減となり、シェア上位3社はすべて合計出荷台数が前年同期比減となった。

 デルは、家庭市場で前年同期比2.7%増、ビジネス市場で同比25.2%増となり、全体では20.4%増だった。上位5社の中で唯一家庭/ビジネス市場ともに前年同期比で出荷台数増となり、全体としても唯一の2けた成長を達成した。

 日本HPは、家庭市場で前年同期比44.8%減、ビジネス市場で同比19.2%増となり、全体では5.3%増となった。家庭市場では前期に続き大幅な出荷減となったが、ビジネス市場で好調だったため全体の出荷増につながった。