PR

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、2013年8月21日から23日までの3日間、ゲーム開発者向けのカンファレンス「CEDEC 2013」を開催する。会場はパシフィコ横浜(横浜市西区)。

 8月15日には、CEDEC 2013のセッション総数が194にのぼり、そのうちの35セッションをニコニコ生放送やUstreamで中継することを発表した。ネット中継のスケジュールは、CESAの発表資料から参照できる。

 CEDEC 2013では、受講者参加型のイベント「CEDEC CHALLENGE」も開催する。CEDEC CHALLENGEでは、「AIプログラミングコンテスト2013 in CEDEC」や、NPO法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が開催するセキュリティコンテスト「ECCON 2013」の最初の地方大会「SECCON 2013横浜大会」も同時に開催する。このほかにも、技術面からゲーム開発者の功績を称え表彰する「CEDEC AWARDS」や、懇親パーティー「Developers' Night」なども予定している。

 CEDEC 2013への参加は有料。事前申込みは8月14日に終了しているが、当日でもパスを購入できる。会場では、会期中の1日だけスポンサーシップセッションや展示コーナーに参加できる「エキスポパス」と、1日だけすべてのセッションに参加できる「デイリーパス」を販売する。エキスポパスは1500円、デイリーパスは2万円になる。

CESAの発表資料