PR
写真●「Skype for Outlook.com」の画面
写真●「Skype for Outlook.com」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2013年8月19日、「Skype for Outlook.com」が米国、英国、ドイツ、ブラジル、フランス、カナダで利用可能になったと発表した(写真)。MicrosoftのWebメールサービス「Outlook.com」から、直接「Skype」の音声通話、ビデオ通話、インスタントメッセージが実行できる。

 同社は4月29日にSkype for Outlook.comのプレビュー版を発表し、米国と英国の一部ユーザーを対象に提供していたが、このたび上記6カ国で全ユーザーが利用できるようになった。日本では、8月18日よりプレビュー版の利用が可能となっている(Skypeの公式ブログ)。

 Microsoftアカウントがあれば、新たにSkypeアカウントを登録することなくSkype for Outlook.comを利用できる。すでにSkypeアカウントを持っているユーザーは簡単な手順で両アカウントを統合できる。

 電子メールを送ってきた相手に対して、相手の写真アイコンにマウスを合わせ、ビデオカメラまたは受話器のアイコンを選べば、すぐビデオ通話・音声通話ができる。

 メッセージングパネルで相手の名前を入力し、同様にビデオカメラや受話器のアイコンを選んで、ビデオ・音声通話を開始することも可能。

[発表資料へ]