PR

 NECフィールディングは、パソコンのOSをWindows XPからWindows 7またはWindows 8へ移行する作業を支援するサービス「Windows XP 今すぐ乗換えメニュー」の提供を、2013年8月21日に開始する。移行パソコン1台からでも利用でき、同社のエンジニアが移行作業をオンサイトで代行するのが特徴だ。

 XPパソコンを新しいパソコンに置き換える企業向けに提供する。情報システム担当者が少ない中小企業を想定し、オンサイト、つまりその企業の拠点にエンジニアが出向いてXPからの移行作業を代行するサービスである。地方都市にも対応する。

 メニューは3つ用意する。「Basic」は、箱を開けてケーブルを接続するといった新パソコンの設置作業と、XPパソコンの撤去とデータ消去を実施する。「Standard」は、Basicの内容に加えて新パソコンの初期設定まで実施する。ネットワーク接続やプリンターの設定などだ。

 最も手厚いメニューが「Advance」で、Standardの内容に加えてデータ移行までを請け負う。具体的には、XPパソコンのお気に入りやデスクトップ、マイドキュメントなどのデータを、新しいパソコンに移行する。

 標準の料金は、ノートパソコンをBasicで移行する場合、1~10台までなら1台当たり2万1000円。台数が増えると1台当たりの料金は安くなる。51~100台の場合は1万8000円である。

 NECフィールディングはこれまで、作業内容に応じて個別に移行作業を請け負っていた。ただ、オンサイトで対応してほしいという中小企業のニーズが高いと判断し、メニューを整えてサービスとして提供することを決めた。2014年3月31日まで提供する。