PR
写真●Google Mapで交通事故の情報を表示したところ(日本では未対応)
写真●Google Mapで交通事故の情報を表示したところ(日本では未対応)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2013年8月20日、地図情報サービス「Google Maps」のモバイルアプリケーションに、同社が買収したイスラエルWazeの道路情報機能を統合したと発表した。米国など13カ国を対象とする。

 Googleは今年6月に、ソーシャルなカーナビアプリケーションを手がけるWazeを買収した。買収後も当面独立事業としてサービスを維持し、機能強化を図るとともに、Wazeの交通情報機能を利用してGoogle Mapsの機能を高めたいとしていた(関連記事:Google、「Waze」の買収を正式発表、独立企業としてサービスを存続)。

 Wazeの統合により、AndroidおよびiOS向けGoogle Mapsアプリケーションのユーザーは、Wazeユーザーが報告する事故、工事、通行止めといったリアルタイムの交通情報をGoogle Maps上で確認できる。対象国は米国、英国、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、エクアドル、フランス、ドイツ、メキシコ、パナマ、ペルー、スイスで、日本は含まれていない。

 一方、Wazeユーザーは、AndroidおよびiOS向けアプリケーションで直接Google検索による検索結果にアクセスできる。また、Wazeの地図編集ツール「Waze Map Editor」で、Google Mapsのストリートビューと衛星画像が使用できる。

[発表資料へ]