PR
リコーのA3対応デジタルモノクロ複合機「RICOH MP 3353」
リコーのA3対応デジタルモノクロ複合機「RICOH MP 3353」
[画像のクリックで拡大表示]

 リコーは、A3対応デジタルモノクロ複合機の新製品2シリーズを2013年8月28日発売する。連続複写速度がA4毎分33枚の「RICOH MP 3353」と、同25枚の「RICOH MP 2553」で、操作画面のカスタマイズなどで使い勝手を高めた。標準価格(税別)は、MP 3353シリーズが78万円から。MP 2553シリーズが69万円から。

 2011年9月発売の「imagio MP 3352」と「同2552」シリーズの後継機種。それぞれ、コピー機能のみ、コピーとファクスの2機能複合機、コピーとプリンター、スキャナーの3機能複合機、コピーとファクス、プリンター、スキャナーの4機能複合機の4モデルがある。

 新しく採用した「ホーム画面」では、よく使う機能をアイコン化してワンタッチで呼び出せるようになった。ユーザー認証機能と組み合わせて、ユーザーごとに機能のカスタマイズが可能。また、標準消費電力量を従来機比で約30%削減した。

 オンプレミス型プライベートクラウドサービス「RICOH e-Sharing Box」、紙文書の電子化・共有サービス「RICOH Scan CX」、クラウドプリンティングサービス「FlexRelease CX」に対応。クラウド上にアップロードした文書を外出先で閲覧したり、外出先から文書の印刷やファクス送信ができる。

 プリンター解像度は600×600dpi。給紙容量は標準で530枚(第1給紙トレイ)+580枚(第2給紙トレイ)+105枚(手差し)。オプションで最大5455枚まで増設可能。スキャン解像度は600×600dpi。インタフェースはギガビットイーサネットとUSB 2.0。