PR

 韓国Samsung Electronicsは現地時間2013年8月26日、同社初となる世界的な開発者会議「Samsung Developers Conference」の登録受け付けを開始した。

 Samsung Developers Conferenceは、米カリフォルニア州サンフランシスコの「Westin St. Francis Hotel」で10月27~29日に開催される。登録は、専用サイトで受け付けている。登録料は299ドル。

 同会議では、モバイル、家電、デジタルコンテンツ業界において影響力のある人々による40以上のセッションを予定している。また、Samsung製品の機能を開発者が最大限活用できるようにするための新ツールや、ソフトウエア開発キット(SDK)を紹介する。

 同社の電子ペン「S Pen」、メッセージングアプリケーシ「ChatON」、リアルタイムのコンテンツ共有機能「Group Play」、広告プラットフォーム「AdHub」のほか、スマートTVアプリケーションのベストプラクティス、HTML5やWebベースのクロスプラットフォームアプリケーション開発などのテーマを用意している。モバイルOS「Tizen」に関するセッションもある。

[発表資料へ]