PR

 米Yahoo!は現地時間2013年8月26日、放置ID再利用計画に関して、希望ユーザー名の結果通知の発送を開始した。

 Yahoo!は今年6月に、1年以上使用されていない非アクティブなYahoo!ID(ユーザー名@yahoo.com)をいったんリセットし、新たなユーザーに再割り当てする方針を発表した。使いたいユーザー名が登録済みだったためにあきらめていたユーザーに、理想のユーザー名を獲得できる機会を与えるもの。7月16日から8月7日の期間に、希望ユーザー名を第5希望まで入力して申請する「Wish List」の受付を行った(関連記事:Yahoo!の放置ID再利用計画、新ユーザー名のリクエスト受付開始)。

 Wish List受付期間に申請していたユーザーには、同日から希望ユーザー名が利用可能かどうか通知が送られる。今回、希望するユーザー名が取れなかった人には、希望ユーザー名が利用可能になった際に連絡を受け取れる「Watch List」サービスを無償で提供する。Wish List期間に申込まなかったユーザーは、1.99ドルでWatch Listサービスを利用できる。

 また同社は、希望ユーザー名のランキングも発表した。男性で申込みが多かったユーザー名のトップ3は「David」「Michael」「Alex」、女性のトップ3は「Maria」「Jennifer」「Jessica」だった。「Batman」「Superman」も人気が高かったという。

[発表資料へ]