PR
「2ちゃんねるビューア」を運営するN.T.Technologyの発表情報
「2ちゃんねるビューア」を運営するN.T.Technologyの発表情報
[画像のクリックで拡大表示]

 掲示板サイト「2ちゃんねる」の有料サービス「2ちゃんねるビューア」を運営するN.T.Technologyは2013年8月26日、ユーザーの個人情報が流出したことを明らかにした。クレジットカード情報を含む3万件以上の個人情報が流出したとみられる。

 2ちゃんねるビューアとは、表示されなくなった過去の書き込みを閲覧したり、制限を回避して書き込めたりするようにする有料サービス。今回流出したのは、同サービスのユーザー情報。

 運営会社では、流出した情報の詳細について明らかにしていない。しかしながら、今回の流出情報を記したとみられるファイルが広く出回っており、ある程度確認できる状況になっている。

 そのファイルに基づく情報によれば、流出したとされる個人情報は約3万2500件で、メールアドレス、住所、クレジットカードの名義・番号・有効期限・セキュリティコード、電話番号、IPアドレスなどが含まれるという。

 ただ、このファイル以外の情報も流出しているという報道もある。それらによれば、前述の約3万2500件の情報に加えて、4万件以上のメールアドレスや、ユーザーの書き込み履歴なども流出したという。

 今回の騒動を受けて、一部のクレジットカード会社は8月26日にコメントを発表している。例えば三井住友カード、三菱UFJニコス、JCBでは、「クレジットカードの不正使用を監視していること」「今回の件が原因でカードが不正使用された場合でも、ユーザーに負担をかけないような対応をすること」などを、Webサイト上で表明している。

 情報流出の原因について運営会社では、「サイバー攻撃の被害に遭い、お客様のデータが一部流出いたしました」としているが、詳細については現時点では不明。新しい情報が確認でき次第、報告するとしている。