PR
「PIXUS MG7130」のレッドモデル
「PIXUS MG7130」のレッドモデル
[画像のクリックで拡大表示]
「PIXUS MG6530」はブラックモデルのみ
「PIXUS MG6530」はブラックモデルのみ
[画像のクリックで拡大表示]
「PIXUS MG5530」のホワイトモデル
「PIXUS MG5530」のホワイトモデル
[画像のクリックで拡大表示]
「PIXUS MG3530」のブラックモデル
「PIXUS MG3530」のブラックモデル
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンは2013年8月27日、インクジェット複合機4機種を9月上旬に発売すると発表した。価格は全てオープン。特徴は、ネットサービスとの連携やスマートフォン/タブレットへの対応を強化したこと。

 最上位機種の「PIXUS MG7130」は、液晶モニターにタッチパネルを搭載し、操作に必要なボタンだけが光る「インテリジェントタッチシステム」を搭載する。印刷解像度は9600×4800dpiで、染料系のシアン、マゼンタ、黒、黄色、グレーインクと、顔料系の黒インクの計6色を使用する。

 液晶画面は3.5型。前面に2段式のカセットを備え、2種類の用紙を給紙できる。無線LANも内蔵する。本体色は、ブラック、ホワイト、レッド、ブラウンの4色から選べる。実勢価格は約3万円。

 「PIXUS MG6530」は、MG7130からインテリジェントタッチシステムを省いた製品。液晶画面も一回り小さな3型になる。画質などはMG7130と同等だ。本体色はブラックのみ。実勢価格は約2万5000円。

 「PIXUS MG5530」は、印刷解像度が4800×2400dpiとなる下位機種。染料系のシアン、マゼンタ、黒、黄色インクと、顔料系の黒インクの計5色で印刷する。液晶画面は2.5型。給紙できる用紙は1種類のみ。無線LAN機能を内蔵する。本体色はブラックとホワイトが選べる。実勢価格は約1万8000円。

 「PIXUS MG3530」は、本体の奥行きが上位3機種より65mm短いコンパクト複合機。染料系のシアン、マゼンタ、黄色インクが一体となったカートリッジと顔料系の黒インクの計4色で印刷する。液晶画面はない。無線LAN機能を備える。本体色はブラックとホワイトが選べる。実勢価格は約1万2000円。

 PIXUS MG7130、MG6530、MG5530の上位3機種では、2011年から始めたネットサービスとの連携機能「PIXUSクラウドリンク」をさらに強化した。プリンター本体の操作で、Facebook、Twitter、Dropboxなど、新たに10種類のクラウドサービスと連携できる。例えば、Facebookに投稿されている写真を、プリンター本体の操作で選んで直接プリントすることが可能だ。同社独自のペーパークラフトや年賀状コンテンツを印刷できるサービスもある。

 スマートフォン/タブレットへの対応も進んだ。新アプリ「PIXUS Print」では、写真やPDFの印刷だけでなく、スキャナーでのスキャン操作や、「PIXUSクラウドリンク」のコンテンツの印刷、取扱説明書の表示などもできる。