PR

 NTTドコモは2013年8月29日、スマートフォン向けのコンテンツや関連サービスの共同提供に向けて、東京放送ホールディングス(TBSホールディングス)およびTBSテレビと業務提携に合意したと発表した。NTTドコモはTBSホールディングスが保有する自己株式のうち、発行済み株式総数の約3%にあたる普通株式571万3000株を9月13日に約70億円で取得する予定。

 両社は今後、以下の二つの分野で協業を検討する。(1)TBSグループが保有する赤坂ACTシアター、赤坂BLITZなどで開催する演劇、ライブ、コンサートなどの興業へのNTTドコモの参画や、チケット販売の協業、スマートフォン向けコンテンツサービス「dマーケット」上でのイベント関連の映像コンテンツや商品などの提供、(2)スマートフォン向けの映像配信サービス「dビデオ」「dアニメストア」「NOTTV」などの拡充に向けた番組やコンテンツの共同企画および制作--である。

 NTTドコモは民間放送事業者に対して、過去にフジテレビジョン(出資比率3.3%)、日本テレビ放送網(同3.0%)に出資した経緯がある。

 なおTBSホールディングスは同日、NTTドコモのほか三井物産、毎日放送、WOWOWに対しても、資本・業務提携契約を締結し、第三者割当による自己株式の処分により約118億円を調達すると発表した。

[NTTドコモの発表資料へ]

[TBSホールディングスの発表資料へ(PDF)]