PR
写真●Solanowa みんなの店舗の画面
写真●Solanowa みんなの店舗の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 スカイアークは2013年9月2日、本部と店舗からなる流通小売業向けに、本部と店舗の間でWebポータルを介して情報を共有できるようにするサービス「Solanowa みんなの店舗」(写真)を発表、同日提供を開始した。月額制(年間契約)のSaaS型サービスとして提供する。

 本部から店舗への情報提供や、店舗スタッフ同士の情報共有/コミュニケーションなどが可能な、Web型の掲示板サービスである。汎用の文書共有/社内報/掲示板システムをベースにしながら、ポータル画面やメニュー構成などを店舗での情報共有用途に構築済みの形で提供する。メニューの追加などのカスタマイズも可能である。

 システムにログインすると、個々のスタッフごとのポータル画面を表示する。ここではSNSのように、本部からのお知らせや売り場コミュニティーへの質問など、ログインしたスタッフに関係がある情報だけを集約して表示する。なお情報の投稿画面では、見たままのレイアウトで投稿内容を作成できる。写真素材の貼り付けなども容易としている。

 利用ユーザー数に応じて、「Standard」(1000人まで)と「Pro」(1万人まで)の2つの契約コースを用意した。それぞれの料金(5%税込み)は、Standardが月額5万2500円、Proが月額8万4000円。いずれの契約であっても、ポータルは1種類しか使えない(今後、ポータルの数を追加する機能を提供予定)。