PR

 台湾Acerは現地時間2013年9月2日、10.1インチのタブレット端末「Iconia A3」と4K対応のスマートフォン「Liquid S2」を発表した。

 Iconia A3は10.1インチのWXGA(解像度は1280×800ドット)ディスプレイを備え、動作周波数1.2GHzの「Cortex A7」クアッドコアプロセッサを搭載する。

 OSは「Android 4.2」を採用し、500万画素のカメラを搭載する。Wi-Fiモデルを10月に欧州、中東、アフリカでリリースし、第3世代(3G)対応モデルを約1カ月後に投入する。価格はWi-Fiモデルが249ユーロ、3Gモデルが299ユーロとなる見込み(米CNET News.comの情報)。

 Liquid S2は6インチのフルHDディスプレイを備え、充実したカメラ機能が特徴。裏面照射型センサー、LEDリングフラッシュを搭載し、4Kビデオ撮影が可能。最大5通りの撮影モードをカスタム作成できる「Favorite Mode」、指1本で焦点と露出を調整できる「Exposure Control」などの機能を備える。LTEネットワークに対応し、IEEEE 802.11acをサポートする。

 OSは「Android 4.2.2」、CPUは2.2GHzの「Snapdragon 800」プロセッサ。1300万画素のメインカメラ、200万画素のフロントカメラを装備する。10月後半にリリースする予定(米PCMag.comの情報)。

 また同社は、Windows 8.1搭載のノートパソコン「Aspire R7-572」も発表した。スタイラスペン「Active Pen」が付属し、各種のタッチ対応アプリケーションを提供する。

[発表資料へ]