PR

 IDC Japanは2013年9月4日、2013年第2四半期(4~6月)の国内サーバー市場の規模が前年同期比13.1%減の928億円だったと発表した。出荷台数は同16.0%減の11万6000台で、5四半期連続のマイナス成長となった。

 x86サーバーは、出荷台数が5期連続のマイナス成長だったが、出荷額は3期連続でプラス成長となった。サーバー仮想化の広がりにより、サーバーのメモリーやハードディスクの搭載量が増加し、平均単価(総出荷額÷総出荷台数)を押し上げたため。x86サーバーの平均単価は、第1四半期に続き今期も前年同期比で上昇し、7.4%増の51万円となった。

 メインフレームは、金融業向けに大型案件があり前年同期比でプラス成長となった。一方、RISCサーバーは6四半期連続のマイナス成長。IA64サーバーは通信事業者向け大型案件が一巡し、4四半期連続のマイナス成長だった。

 出荷金額別のベンダーシェアでは、IBMが首位だった()。IBMはメインフレームで大型案件があったほか、x86サーバーではFlex Systemの出荷が好調だった。

 2位は、IA64サーバーがプラス成長を見せたNEC。3位は日本ヒューレット・パッカード(日本HP)だが、x86サーバー、IA64サーバー、ビジネスサーバー共にマイナス成長だった。4位は、x86サーバーの出荷額が4四半期連続のプラス成長となった富士通。ただし、同社のメインフレーム、RISCサーバー、ビジネスサーバーはふるわなかった。5位は、x86サーバーで2ケタ成長を見せた日立製作所だった。

図●2013年第2四半期 国内サーバー市場 出荷金額別ベンダーシェア
図●2013年第2四半期 国内サーバー市場 出荷金額別ベンダーシェア
出典:IDC Japan(2013年9月4日)

[発表資料へ]