PR

 ソニーは2013年9月5日、スマートフォンやタブレットなどの機器から無線LAN経由でソニー製カメラを遠隔操作するためのAPI「Camera Remote APIbeta」の公開を開始した。同社の開発者向けサイト「Camera Remote Apps Developer Program」からAPIの仕様書、サンプルコード、関連ドキュメントをダウンロードすることができる。APIはJSON(JavaScript Object Notation)ベースで提供されるため、Android、iOSなどのプラットフォームに依存しない。

 Camera Remote APIbetaを利用して開発したアプリケーションにより、スマートフォンやタブレットから無線LAN経由で、カメラ側に静止画・動画を撮影指示を出したり、スマートフォンのディスプレイにカメラ側の画像を表示したり、カメラ側のセルフタイマーやズームを操作したり、といったことができるようになる。

 対象となるソニー製のカメラは、アクションカム「HDR-AS30V」「HDR-AS15」、ミュージックビデオレコーダー「HDR-MV1」、9月4日にドイツ・ベルリンで発表された“レンズスタイルカメラ”「DSC-QX100」「DSC-QX10」(関連記事:スマホ連携が前提の新形状デジカメ“レンズスタイルカメラ”をソニーが発表、iPhoneにも対応)、デジタル一眼カメラ「NEX-6」「NEX-5R」「NEX-5T」。一部機種はファームウエアの更新などが必要となる。