PR
米Adobeのフォトグラファー向け廉価プログラム「Photoshop Photography Program」の概要
米Adobeのフォトグラファー向け廉価プログラム「Photoshop Photography Program」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 米Adobe Systemsは現地時間2013年9月4日、フォトグラファー向けの廉価プログラム「Photoshop Photography Program」を発表した。資格を満たした「Photoshop」ユーザーに、月額9.99ドルでクリエイター向けクラウドサービス「Creative Cloud(CC)」の特別メンバーシップを提供する。

 同プログラムでは、クラウド版フォトレタッチアプリケーション「Photoshop CC」、オンラインコミュニティ「Behance ProSite」、デジタル画像処理アプリケーション「Lightroom 5」のほか、トレーニングコースや20Gバイトのオンラインストレージにアクセスできる。

 対象となるのはPhotoshopの「CS(Creative Suite)3」以降を使用しているユーザーで、2013年12月31日までにサインアップする必要がある。期限までに手続きしたメンバーは更新を続ける限り月額9.99ドルで利用を継続できる。

 同社は今年5月に大幅なクラウド移行を発表し、6月より従来のデスクトップアプリケーションをCCブランドに統一して製品およびサービスを統合的に提供するクラウドサービスを展開している。Photoshop CCのほか「InDesign CC」「Illustrator CC」「Dreamweaver CC」「Premiere Pro CC」も含めて利用できる個人向けプラン(年間契約)の場合、月額利用料は49.99ドルとなっている(関連記事:Adobe、製品とサービスを「Creative Cloud」に統合へ)。

[発表資料へ]