PR
図●ICT観光サービスの画面
図●ICT観光サービスの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 日立ソリューションズは2013年9月9日、スマートフォンに観光ガイドや電子アルバムを提供するICT観光サービスで、SNSの投稿を自動収集する調和技研の技術を活用し、投稿された地域の情報をスマートフォンの観光ガイドに配信する機能を開発したと発表した。

 日立ソリューションズは日立ソリューションズ東日本とともに、北海道や沖縄の観光地で、スマートフォンを活用したICT観光サービスの実証実験を進めてきた。具体的なサービスとしては、スマートフォンで位置情報と連動した観光情報や店舗情報を地図上に表示する観光ガイドサービスと、観光客が撮影した写真を位置情報とともに保管する電子アルバムサービスがある。

 今回、調和技研と協力して開発した機能は、自治体や商店街などがSNSを使ってその地域に関する最新情報をタイムリーに発信できるようにするもの。同サービスでは周辺情報を訪問者に自動通知するため、訪問者は必要な地域の情報を自動的に入手できる。訪問者が目的地にスムーズに到着できるよう、投稿された観光スポットまでのルートを地図で表示するようになっている()。

 今後、日立ソリューションズは調和技研と協力し、同機能の実用化を目指す。また、店舗の特売情報やクーポンの提供による観光地の活性化や災害情報の提供など、効果的な活用方法を幅広く提案していくとしている。