PR
Xeon E5-2600 v2のイメージカット
Xeon E5-2600 v2のイメージカット
[画像のクリックで拡大表示]
Xeon E5-2600 v2のダイ(半導体本体)
Xeon E5-2600 v2のダイ(半導体本体)
[画像のクリックで拡大表示]
Xeon E5-2600 v2のバリエーション。3種類のダイがある
Xeon E5-2600 v2のバリエーション。3種類のダイがある
[画像のクリックで拡大表示]

 インテルは2013年9月11日、サーバー向けの新CPU、Xeon E5-2600 v2シリーズを発表した。開発コード名「Ivy Bridge-EP」と呼ばれていた製品。従来モデルは最大8個のCPUコアを内蔵していたが、Xeon E5-2600 v2シリーズは最大12コアにした。12コア製品は、同社の「ハイパースレッディング」により、24スレッドを同時に実行できる。

 Xeon E5-2600 v2のCPUコアは、従来モデル(開発コード名はSandy Bridge-EP)の基本設計を踏襲しつつ拡張したもの。製造プロセスを従来モデルの32nmから22nmへと縮小したことにより、消費電力当たりの性能を高めた。4チャンネルのメモリーコントローラーやPCI Express 3.0、インテル独自のインタフェース「QPI」をCPUコアと統合している。グラフィックス機能は内蔵しない。メモリーはDDR3-1866に対応する。

 Xeon E5-2600 v2のダイ(半導体本体)は6コア、10コア、12コアの3種類ある。6コアのダイは4~6コアのモデルに採用されており、共有キャッシュは最大15MB。10コアのダイは6~10コアのモデル用で最大25MBの共有キャッシュを備える。12コアの製品は共有キャッシュが30MBだ。

 インテルはXeon E5-2600 v2を18モデル用意する。12コア製品は2モデル。上位はXeon E5-2697 v2で、動作周波数は2.7GHz(ターボ時最大3.5GHz)、TDP(熱設計電力)は130W。価格は2614ドル(1000個ロット時の卸価格、以下同じ)。動作周波数が高いのはXeon E5-2687W v2。通常時3.4GHz、ターボ時最大4GHzで動作する。TDPは150W、価格は2108ドルだ。最も安いモデルは202ドルのXeon E5-2603 v2。4コア/4スレッドでターボ機能は備えず、動作周波数1.8GHz。TDPは80Wと低い。