PR

 インターネットラジオサービス「Pandora」を運営する米Pandora Mediaは現地時間2013年9月11日、Joe Kennedy最高経営責任者(CEO)兼社長兼会長の後継として米Microsoftの元広告担当幹部であるBrian McAndrews氏を任命したと発表した。McAndrews氏は同日付で新CEO兼社長兼会長に就任する。Kennedy氏は今年3月に退任の意向を明らかにしていた。

 Pandoraの取締役会は今回の人選について、「新CEOには、インターネットラジオ市場におけるPandoraの主導的地位を生かし、広告事業の成長を加速できる人物を探していた。McAndrews氏はまさに適任だ」と説明している。

 McAndrews氏は米誌「Adweek」の30周年記念号で、「広告/マーケティング/メディアにおける最も影響力のある30人」の1人に選ばれている。

 同氏は、米General Millsや米ABCで上級職を歴任したのち、1999年にデジタルマーケティング代理店の米Avenue Aの経営を引き継ぎ、社長兼CEOとして同社を米aQuantiveに育て上げた。aQuantiveは2007年にMicrosoftによって60億ドルで買収され(関連記事:Microsoft、オンライン・マーケティングのaQuantiveを約60億ドルで買収へ)、McAndrews氏はMicrosoftで広告関連部門の上級バイスプレデントに就任。その後、2009年にベンチャーキャピタルの米Madrona Venture Groupに投資パートナーとして加わり、現在は米New York Timesなどの取締役を務めている。

 Pandoraは、月間アクティブユーザー数が7200万人を超え、登録ユーザーは2億人以上に上る。しかしMicrosoftが「Xbox Music」を開始し(関連記事:Microsoft、オールインワンの音楽サービス「Xbox Music」を発表)、米Appleが「iTunes Radio」を発表するなど(関連記事:Apple、「iTunes Radio」を発表、米国で2013年秋に開始)、Pandoraは激しい競争に直面していると、米メディア(CNET News.com)は指摘している。

[発表資料へ]