PR
写真●3色のカラバリを用意する「iPhone 5s」
写真●3色のカラバリを用意する「iPhone 5s」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleが2013年9月20日に販売を開始するスマートフォンの新モデル「iPhone 5s」について、米国では通信事業者に出荷される台数が著しく少ない状態になっていると、AllThingsDAppleInsiderCNETなどの米メディアが現地時間9月17日に報じた。

 AllThingsDはある通信事業者の関係者が「iPhone 5sの我々の在庫は異様なほどに少ない」と話したと伝えている。また別の通信事業者の関係者は、Appleの出荷量の少なさに非常に失望したと嘆いているという。ただしこの関係者はハイエンドのiPhone 5sに対する需要は当初考えられていたよりも若干下回ると予想しているという。

 iPhone 5sは廉価モデルのiPhone 5cとともに9月20日に発売される。米国ではApple直営店のほか、通信事業者のVerizon Wireless、AT&T、Sprint、T-Mobile USAも販売する。このうちAppleが事前予約受付を行っているはiPhone 5cのみ(関連記事)。この事実がiPhone 5sの供給体制が整っていないことを示しているとAppleInsiderなどが報じている。

 AppleInsiderによると、台湾の証券会社KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、7~9月期の出荷台数について、iPhone 5cがiPhone 5sを上回ると予測している。新たに搭載する指紋認証センサー「Touch ID」に関して、iPhone 5sは生産上の問題に直面していると同氏は指摘している。