PR

 新型Xbox 360と、次世代ゲーム機Xbox Oneの2本柱で攻める日本マイクロソフトは、ブース内に全部で30タイトルの試遊台を設置。その中でも一番人気は『タイタンフォール』。開場後わずか10分ほどで、すでに試遊台は30分待ちの人気ぶり。これからさらに来場者が増えることを考えると、待ち時間はさらに長くなりそうだ。

 さらにXbox One用として開発が進んでいる『Forza Mortorsport 5』にも注目。こちらも試遊台が設置され、人気シリーズ最新作の魅力に触れることができる。しかもXbox Oneのコントローラーで実際にプレーできるので、ゲームの内容だけでなく、実際の手触り感も試せるのだ。

TGSに日本マイクロソフトが帰ってきた。ブースには『タイタンフォール』に登場するロボットと、お馴染みの巨大スクリーンを設置。ブースの正面向かって右手側にXbox One、左手側にはXbox 360用の新作が並ぶ。
TGSに日本マイクロソフトが帰ってきた。ブースには『タイタンフォール』に登場するロボットと、お馴染みの巨大スクリーンを設置。ブースの正面向かって右手側にXbox One、左手側にはXbox 360用の新作が並ぶ。
[画像のクリックで拡大表示]
全世界大注目の次世代FPS『タイタンフォール』の試遊台には、早くも長蛇の列が。開場直後にも関わらず、すでに30分待ちの列ができていることからも、同作の注目度の高さがうかがえる。
全世界大注目の次世代FPS『タイタンフォール』の試遊台には、早くも長蛇の列が。開場直後にも関わらず、すでに30分待ちの列ができていることからも、同作の注目度の高さがうかがえる。
全世界大注目の次世代FPS『タイタンフォール』の試遊台には、早くも長蛇の列が。開場直後にも関わらず、すでに30分待ちの列ができていることからも、同作の注目度の高さがうかがえる。
[画像のクリックで拡大表示]
これがXbox Oneだ! Xbox Oneの実機に触れるチャンス。さらにXboxとWindowsを組み合わせた新しい体験が楽しめるコーナーもある。
これがXbox Oneだ! Xbox Oneの実機に触れるチャンス。さらにXboxとWindowsを組み合わせた新しい体験が楽しめるコーナーもある。
[画像のクリックで拡大表示]
『Killer Instinct』『FIFA 14 ワールドクラス サッカー』の試遊台も。『Killer Instinct』はジョイスティックを使って、2人で対戦プレーが楽しめる。格闘ゲームファンはチェックするしかない!
『Killer Instinct』『FIFA 14 ワールドクラス サッカー』の試遊台も。『Killer Instinct』はジョイスティックを使って、2人で対戦プレーが楽しめる。格闘ゲームファンはチェックするしかない!
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、Xbox 360用の新作では、『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジー XIII』や『ARMORED CORE VERDICT DAY』、『ストライダー飛竜』といったタイトルがずらり。CERO Zコーナーには『Yaiba NINJA GAIDEN Z』『Fable Anniversary』の試遊台も用意され、J-RPGから洋ゲーまで幅広いジャンルのゲームに触れられるのが特徴だ。

『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジー XIII』、『ドラゴンボールZ BATTLE OF Z』など、Xbox 360もまだまだ元気!
『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジー XIII』、『ドラゴンボールZ BATTLE OF Z』など、Xbox 360もまだまだ元気!
[画像のクリックで拡大表示]

 現行ゲーム機と次世代ゲーム機の魅力がいっぱいに詰め込まれ、熱気渦巻く日本マイクロソフトブース。数々の新作の存在も相まって、今年のTGSの注目株なのは間違いなし!