PR
写真●「Surface」の新モデル「Surface 2」(左)と「Surface Pro 2」
写真●「Surface」の新モデル「Surface 2」(左)と「Surface Pro 2」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2013年9月23日、独自タブレット端末「Surface」の新モデル「Surface 2」と「Surface Pro 2」を発表した(写真)。ディスプレイサイズは従来と同じ10.6インチで、処理能力やバッテリーを大幅に強化したという。米国、カナダ、英国、ドイツ、香港など21カ国・地域で10月22日に発売し、11月前半には中国に投入する。ただし、日本での発売は未定。

 オリジナルモデル「Surface RT」の後継となるSurface 2は、OSに「Windows RT 8.1」を採用し、米NVIDIAの「Tegra 4」プロセッサを搭載する。ディスプレイ解像度をフルHD(1080p)対応に向上した。バッテリー駆動時間は、連続ビデオ再生の場合で最大10時間。

 フルHDビデオ撮影が可能な500万画素のメインカメラと、350万画素のフロントカメラを装備し、Surface RTよりわずかに薄型化・軽量化を図った。内蔵ストレージ容量は、32Gバイトと64Gバイトの2種類。「Outlook RT」を含むオフィスアプリケーションスイート「Office 2013 RT」をプリインストールしている。希望小売価格は449ドルから。

 Surface Pro 2は、OSに「Windows 8.1 Pro」、CPUに米Intel製「Core i5」プロセッサを搭載する。従来モデル「Surface Pro」と比べバッテリー寿命が75%向上したという。4GバイトのRAMメモリーでストレージ容量64Gバイトまたは128Gバイト、8GバイトのRAMメモリーでストレージ容量256Gバイトまたは512Gバイトの4構成を用意する。希望小売価格は899ドルから。

 いずれも9月24日より予約注文の受付を開始する。購入者には、VoIPサービス「Skype」の対固定回線通話(60カ国以上に対応)と無線LANサービス「Skype WiFi」を1年間無料にする。また、オンラインストレージ「SkyDrive」で200Gバイトを2年間無料で提供する。

 各種アクセサリーも用意している。キーボードおよびタッチパッドとして機能する画面カバー「Touch Cover 2」は、従来よりわずかに薄い2.75mmで希望小売価格は119.99ドル。より一般的なキーボードに近いタイピング感覚を提供する「Type Cover 2」はオリジナルと同様のデザインで希望小売価格は129.99ドル。いずれもバックライトを内蔵した。9月24日より予約注文を受け付ける。

 バッテリーを内蔵した画面カバー「Power Cover」は、Surfaceのバッテリー駆動時間を最大50%延長できるとしている。希望小売価格199.99ドルで、2014年にリリースする予定。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]