PR

 JR東日本は2013年9月20日、Suica乗降履歴データの外部提供を拒否する「オプトアウト」受付期間を延長すると発表した。JR東日本では今後、Suica乗降履歴データの社外提供について、有識者による会議を設置して意見を募ることにしている。これに併せて、当初は9月25日で終了する予定だったオプトアウト受付期間を、会議終了を経てSuica乗降履歴データの社外提供方針を決定するまで延長することにした。会議を踏まえた今後の対応については決定次第、公開するとしている。

 なお、過去に日立製作所に提供したSuica乗降履歴データは、現時点では日立製作所において削除が完了しているという(関連記事1関連記事2)。

[発表資料]