PR
写真●古い携帯電話を100円で買い取る
写真●古い携帯電話を100円で買い取る
[画像のクリックで拡大表示]

 ブックオフコーポレーションは、2013年8月9日から9月16日まで実施していた携帯電話とスマートフォンの買い取りキャンペーンが好評だったため、どんなに古い機種でも、壊れていても、携帯電話を100円で買い取る業務については今後も継続することを決めた。既に9月17日から開始している。これにより、今後1年間で60万台の買い取りを目指す。

 9月20日には、NTTドコモを含めた携帯電話3社が一斉に新型iPhoneの発売を開始した。今回のような買い替えのタイミングを機に、中古の携帯電話が大量に“生まれる”商機を狙う。

 同社は8月9日から9月16日まで、全国約800カ所にある「BOOKOFF」店舗で、携帯電話やスマホを合計14万5000台買い取った(関連記事:ブックオフがどんなに古くても携帯電話は100円以上、スマホは3000円以上で買い取り)。このうち、100円で買い取った古い携帯電話(2007年以前に製造された携帯電話や壊れている携帯電話)は9万8000台に達したという(写真)。

 この実績を受けて、これまでなら引き出しの奥にしまわれていたであろう、古い「タンスケータイ」の買い取りニーズは高いと判断。携帯電話についてはキャンペーン終了後も、通常の買い取りとして続けることにした。