PR
写真●米Appleの一体型パソコン「iMac」
写真●米Appleの一体型パソコン「iMac」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2013年9月24日、一体型パソコン「iMac」の新モデルを発表した。米Intelの第4世代アーキテクチャ(開発コード名は「Haswell」)をベースにしたCPUを採用し、グラフィックスや無線技術を向上した。

 21.5インチiMacのエントリーモデルは、動作周波数2.7GHzのクアッドコア「Intel Core i5」プロセッサを搭載し、Intelの新しいグラフィックス「Iris Pro」を組み合わせる。

 上位モデルは2.9GHzのクアッドコアCore i5と、1Gバイトのビデオメモリーを搭載した米NVIDIA製「GeForce GT 750M」グラフィックスを装備する。

 27インチiMacは、3.2GHzのクアッドコアCore i5と1Gバイトのビデオメモリーを搭載したNVIDIA「GeForce GT 755M」の構成、3.4GHzのクアッドコアCore i5と2Gバイトのビデオメモリーを搭載したNVIDIA「GeForce GTX 775M」の構成がある。

 いずれも8Gバイトのメインメモリー、1TバイトのHDDを内蔵する。Wi-Fi規格はIEEE 802.11acをサポートし、802.11ac対応のアクセスポイントに接続した場合、従来モデルを最大3倍上回る通信速度を実現するとしている。2基のThunderbolt、4基のUSB 3.0を備え、OSは「OS X Mountain Lion(バージョン10.8)」を搭載する。

 ストレージは、より高速なPCIeベースのフラッシュストレージもオプションとして用意する。フラッシュとHDDを組み合わせた「Fusion Drive」はストレージ容量が1Tバイトもしくは3Tバイト、フラッシュのみの場合は最大1Tバイトとなる。

 そのほか、CTOオプションとして最大で3.5GHzのクアッドコア「Intel Core i7」、2倍のビデオメモリーを搭載したNVIDIA「GeForce GTX 780M」などを選択できる。RAMメモリーは最大32Gバイトまで拡張可能。

 希望小売価格は21.5インチiMacが1299ドル(日本では13万8800円)から、27インチiMacが1799ドル(同18万9800円)から。9月24日に販売を開始している。

[発表資料へ]