PR
写真1●フィジカル・コンピューティング・ツールキット「konashi」
写真1●フィジカル・コンピューティング・ツールキット「konashi」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●デジタルI/Oを用いて電球を制御する様子
写真2●デジタルI/Oを用いて電球を制御する様子
[画像のクリックで拡大表示]

 ロボット開発などのベンチャー企業であるユカイ工学は2013年10月2日、同社が開発・販売するスマートフォン連携製品のプロトタイプ開発ツールキットである「konashi」(写真1)が2013年度の「グッドデザイン賞」を受賞したと発表した。konashiのグッドデザイン賞受賞理由として、同賞審査委員は「スマートフォン連動のフィジカルコンピューティング環境の敷居を大幅に下げた貢献は大きい」としている。

 フィジカルコンピューティングとは、コンピュータと外部の世界を結び付け、コンピュータと人間の新たな関係性を創り出すといった思想を背景にしたもので、具体的にはコンピュータのインタフェースを様々な利用シーンに拡張するもの。小型のコンピュータであるスマートフォンの普及や無線による通信手段の標準化などによって、以前よりもそうした拡張が身近なものになっている(関連記事:モノづくりの第一歩、フィジカル・コンピューティングとは?!)。

 例えば、米ナイキが提供するスマートフォンと連携するリストバンド型活動量計「FuelBand」などもフィジカルコンピューティングの例として挙げられる。

 konashiはスマートフォン/タブレットの入出力をBluetooth Low Energy(BLE)規格を用いて拡張する開発ツールキットで、JavaScriptまたはObjective-Cによってスマートフォン/タブレットから「konashi」を制御できる(写真2関連記事)。対応するスマートフォン/タブレットはiOS 6.0以降を搭載するiPhone 4S/5やiPad、iPod touch。iPhone 5c/5sについては現在検証中である。

[受賞製品のページ]