PR
写真1●Windows 8.1
写真1●Windows 8.1
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Windows 8.1 Pro
写真2●Windows 8.1 Pro
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●Windows 8.1 Pro Pack
写真3●Windows 8.1 Pro Pack
[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフトは2013年10月3日、10月18日より発売する「Windows 8.1」のパッケージ製品の構成と参考価格を発表した。

 Windows 8.1のパッケージ製品は、一般ユーザー向けの「Windows 8.1」(写真1)のほか、「Windows 8.1 Pro」(写真2)、「Windows 8.1 Pro Pack」(写真3)の3エディションにて提供される。Windows 8.1の参考価格は1万3800円(価格はいずれも税別)で、32ビット版DVD-ROMと64ビット版DVD-ROMが同梱される。

 最上位エディションのWindows 8.1 Proは、Windows 8.1の機能に加え、ドメイン参加による企業ネットワークへの接続、リモートデスクトップ、BitLockerを使ったドライブ暗号化などの機能を搭載。参考価格は2万5800円で、32ビット版DVD-ROMと64ビット版DVD-ROMが同梱される。

 Windows 8.1 Pro Packは、Windows 8.1からWindows 8.1 Pro with Media Centerにアップグレードできるエディションとなる。Windows 8.1 Proの機能に加え、Windows Media Centerでテレビの視聴や録画も可能。参考価格は1万2800円。アップグレードするPCにWindows 8.1がインストールされている必要があり、パッケージには「プロダクトキー」のみが同梱される。

 それぞれのエディションのダウンロード版も、Windows.comおよびMicrosoft Store(直営オンラインストア)にて10月18日から販売開始となる。

 Windows 8の既存ユーザーは、Windows 8向けアプリストア「Windowsストア」より無償でWindows 8.1にアップデート可能。無償アップデートは、ニュージーランド時間の10月18日午前0時(日本時間10月17日午後8時)より順次開始する。

 なお、Windows 8.1のパッケージ製品発売に伴い、日本マイクロソフトは10月末に「Windows 7」のパッケージ製品の出荷を終了する。