PR
写真1●CEATEC JAPAN 2013のファーウェイブース
写真1●CEATEC JAPAN 2013のファーウェイブース
[画像のクリックで拡大表示]

 ファーウェイ・ジャパンは2013年10月1日、幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2013」にブースを出展し、グローバル向けの最新薄型スマートフォン「Ascend P6」や「WiMAX 2+」対応ルーターなどを展示した(写真1)。また幕張メッセ周辺にも看板などを多数掲示し、日本市場への意気込みをアピールした。

超薄型スマートフォン「Ascend P6」

写真2●ファーウェイの「Ascend P6」
写真2●ファーウェイの「Ascend P6」
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●非常に薄く、軽い金属ボディが特徴
写真3●非常に薄く、軽い金属ボディが特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 Ascend P6は、ファーウェイが6月にロンドンで発表した6.18mmという超薄型のスマートフォン(写真2)。4.7インチ・HDの画面を搭載するも、横幅は65.5mm、重量は120gと持ちやすい。金属的な質感を押し出したデザインだが、ブラック、ホワイトに加えて「ピンク」モデルもラインアップ。女性ユーザーを意識しているという(写真3)。

 特筆すべき点はフロントカメラ。通常のスマホでは100~200万画素程度となることが多いが、Ascend P6は500万画素を採用。「海外ではSNSへのアップロードなど、”自分撮り”の需要が大きい」(広報担当者)と説明する。さらにカメラアプリ上では、ワンタッチで「美白効果」を得られる機能を搭載しており、手軽に写真写りを調整することができる。

 Ascend P6はすでに世界77カ国で販売されているが、日本国内での発売は未定となっている。CEATEC JAPAN 2013に展示した理由としては、ファーウェイの商品ラインアップをアピールすることが主な目的であるという。現在は3G版のみだが、海外向けにはLTE版の開発をすでに進めている。