PR

 米Facebook傘下のInstagramは現地時間2013年10月3日、広告導入計画について明らかにした。米国ユーザーは、今後数カ月のうちにフィード上で広告を目にするようになる。

 当初は、少数のブランドからスタートする。Instagramに公式アカウントを登録しているブランドによる高品質の写真や動画を、そのブランドをフォローしていないユーザーのフィード上に表示する。

 同社は、「すでにフォローしているお気に入りのブランドの写真や動画と同様に、どの広告も違和感なく見てもらえるようにしたい。好きな雑誌をめくると表れる高品質の広告のように、楽しくて創造的な広告を目指す」としている。

 ユーザーは、表示された広告が気に入らなければ、非表示にして、フィードバックを送ることができる。

 また同社は、「ユーザーの写真とビデオはあくまでユーザーのものであり、広告導入によってそれが変わることはない」と強調した。

[発表資料へ]