PR

 ディー・エヌ・エーは2013年10月7日、同社が運営する「Mobage」のスマートフォン版に、第三者が不正にログインしたことが判明したと発表した。2013年10月3日から6日にかけて316件の不正なログインがあったことを確認した。他社サービスから流出した可能性のあるID、パスワードを利用したと推測されるとしている。

 不正ログインによって閲覧されたのはニックネーム、生年月日、性別、地域(都道府県)などの登録プロフィール、マイゲームリスト(お気に入りゲーム)など。クレジットカード情報は閲覧されていないという。同社は不正ログインされた全アカウントの利用を一時停止し、該当するユーザーに連絡した。

 同社では他社サービスと同一のID/パスワードを利用しているユーザーはパスワードを変更するよう呼びかけている。

[発表資料]