PR
写真●「Chrome OS」を搭載するノートパソコンの新製品「HP Chromebook 11」
写真●「Chrome OS」を搭載するノートパソコンの新製品「HP Chromebook 11」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleと米Hewlett-Packard(HP)は現地時間2013年10月8日、Webアプリケーションに特化したGoogleのOS「Chrome OS」を搭載するノートパソコン(総称「Chromebook」)の新製品「HP Chromebook 11」を発表した。希望小売価格は279.99ドル。

 11.6インチのディスプレイ(解像度は1366×768ドット)を搭載し、プロセッサは韓国Samsung Electronicsの「Exynos 5250」を採用。16GバイトのSSD、2GバイトのRAMメモリーを内蔵する。ユーザーの耳に届く音質の向上を図り、スピーカーをキーボード下に配置した。

 2基のUSB 2.0ポート、充電用のMicro USBポートなどを備える。 デュアルバンドWi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n)、Bluetooth 4.0に対応し、オプションでLTE通信をサポートする。1度の充電によるバッテリー駆動時間は最大6時間としている。

 外形寸法は297×192×17.6mm、重量は1.04kg。マグネシウム製の筐体は白と黒の2色を用意し、白はキーボード回りなどのカラーアクセントを青、赤、黄、緑から選べる。

 オンラインストレージ「Google Drive」の100Gバイト分を無償で2年間使えるほか、定額制音楽配信サービス「Google Play Music All Access」の60日間無償トライアル、機内Wi-Fi接続サービス「GoGo Inflihgt Internet」の12回分無料セッションも利用可能。

 米国と英国で一部モデルをすでに販売開始している。Chromebookを展開している他の国/地域に向けてはホリデーシーズン前に発売する。LTE版は年内にリリースする予定。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]