PR

 日本オラクルは2013年10月9日、テープカートリッジ1巻当たり最大8.5テラバイトのデータを記録できるエンタープライズ向け磁気テープ装置「StorageTek T10000D」と、テープライブラリをファイルシステム経由で利用できるようになるソフトウエア「StorageTek Linear Tape File System, Library Edition(LTFS LE)」を発売した。T10000D(写真1)の価格は326万871円で、バックアップ用途や動画のアーカイブ用途などに売り込む。

写真1●エンタープライズ向け磁気テープ装置「StorageTek T10000D」
写真1●エンタープライズ向け磁気テープ装置「StorageTek T10000D」
[画像のクリックで拡大表示]

 T10000Dは、エンタープライズ向け磁気テープ装置の前モデル「T10000C」と同じテープカートリッジを使用する。磁気ヘッドを改良して、より高い密度でデータを読み書きできるようにすることで、同じテープカートリッジでありながら、容量はT10000Cの5テラバイトからT10000Dの8.5テラバイトへと増やした。データの転送速度は最大252メガバイト/秒で、16ギガビット/秒のファイバ・チャネルまたは10ギガビット/秒のFCoE(Fibre Channel over Ethernet)のインタフェースでサーバーと接続する。データを圧縮した場合は、テープ1巻当たりの容量は最大21.25テラバイト、データ転送速度は最大800メガバイト/秒となる。

 テープライブラリ用のファイルシステムである「LTFS LE」は、磁気テープ用のファイルシステム「LTFS」を、テープライブラリにまで拡張したものだ。従来の磁気テープにはファイルシステムがなかったので、バックアップソフトやアーカイブソフトが、それぞれ独自の形式でデータを磁気テープに書き込んでいた。それに対してLTFSを使うと、磁気テープに対して「ファイル単位での読み書き」ができるようになる。

写真2●LTFS LEの使用感に関するイメージ
写真2●LTFS LEの使用感に関するイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 テープライブラリ用のファイルシステムである「LTFS LE」は、テープライブラリに対して、「ファイル単位での読み書き」を行うためのソフトである(写真2)。ユーザーはWindows OSの「エクスプローラー」などを使ってファイルを読み書きすると、テープライブラリがその指示に従って自動的にテープカードリッジを選択し、ファイル単位でデータを書き込み・読み出しする。クライアントとテープライブラリの間には、サーバーを介在させ、サーバーがファイルアクセスのゲートウエイとしての役割を担う。