PR
写真1●モバイルPOS端末の画面
写真1●モバイルPOS端末の画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●カードリーダーつきジャケットでクレジットカードが読み取れる
写真2●カードリーダーつきジャケットでクレジットカードが読み取れる
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2013年10月9日、東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2013」にて、Windows 8 Pro搭載ビジネス向けタブレット「HP ElitePad 900」を活用したモバイルPOS端末をデモ展示した。

 モバイルPOS端末は、HP ElitePad 900にカードリーダーを備え付けた専用ジャケット「HP Retail Jacket for ElitePad」を装着。エスキュービズムの店舗システム「EC-Orange POS」と、フライトシステムコンサルティングの決済システム「ペイメント・マイスター」を組み合わせた(写真1)。

 端末はWi-FiおよびLTEに対応する。利用場面としては、巨大な店舗で移動しながら接客し、その場で決済するケースや、訪問修理における作業費の支払い、また引越し業者への支払いなど、現場担当者が作業終了後に顧客から直接カード決済を受ける際での利用を想定している(写真2)。

 日本HPでは、今回披露したモバイルPOS端末を「今年中にはソリューション化して販売したい」としている。