PR
HP EliteBook 820 G1 Notebook PC
HP EliteBook 820 G1 Notebook PC
[画像のクリックで拡大表示]
HP EliteBook 840 G1 Notebook PC
HP EliteBook 840 G1 Notebook PC
[画像のクリックで拡大表示]
HP ProBook 650 G1 Notebook PC
HP ProBook 650 G1 Notebook PC
[画像のクリックで拡大表示]
HP ProBook 430 G1 Notebook PC
HP ProBook 430 G1 Notebook PC
[画像のクリックで拡大表示]
HP ProBook 450 G1 Notebook PC
HP ProBook 450 G1 Notebook PC
[画像のクリックで拡大表示]
HP ProBook 470 G1 Notebook PC
HP ProBook 470 G1 Notebook PC
[画像のクリックで拡大表示]
HP 250 G2 Notebook PC
HP 250 G2 Notebook PC
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、法人向けノートパソコン7機種を2013年11月下旬から順次発売する。このうち「EliteBookシリーズ」「ProBookシリーズ」は、ネットワーク経由でのBIOS自動アップデート機能を新たに搭載。また、HDDの暗号化機能やデータ消去機能、生体認証機能などを標準搭載した。

 モバイルノート「HP EliteBook 800」シリーズは、12.5型「HP EliteBook 820 G1 Notebook PC」と、14型「HP EliteBook 840 G1 Notebook PC」の2機種。820は従来モデル「HP EliteBook 2570p」より約22%の薄型化と約19%の軽量化、840は従来モデル「HP EliteBook 8470p」と比べて約38%の薄型化と約34%の軽量化を施した。直販サイト「HP Directplus」での価格は、それぞれ14万700円から、15万1200円から。

 旧機種と高い互換性を持つ「HP ProBook 600」シリーズは、シリアル端子などの旧型端子を標準搭載。医療やサービスなど、特定の周辺機器との接続が必要な分野に向く。15.6型「HP ProBook 650 G1 Notebook PC」1機種のみで、同13万4400円から。

 スタンダードモデル「HP ProBook 400」シリーズは、第4世代Coreプロセッサーを搭載し、幅広いビジネス用途に対応する。13型の「HP ProBook 430 G1 Notebook PC」(同9万3450円から)、15.6型の「HP ProBook 450 G1 Notebook PC」(同7万8750円から)、17.3型の「HP ProBook 470 G1 Notebook PC」(同10万7100円から)の3機種。

 エントリーモデル「HP 200」シリーズは、オペレーター用端末や店舗用PC、特定ソリューションを組み込むベースモデルなどに向く低価格機。15.6型の「HP 250 G2 Notebook PC」1機種で、同6万5100円から。

 OSはWindows 7 Professional(Windows 8ダウングレード)。HP 250の一部モデルのみWindows 8 Pro。